家屋解体工事、外構工事、土木工事を東京都杉並区を中心に株式会社不二榮がお手伝いをいたします。

icon解体工事

解体工事のプロが、責任を持って施工いたします。

木造家屋や鉄骨・鉄筋コンクリートなどの建物から、工場設備、マンション等の大規模な工事まで、建物の解体工事全般を行っております。
当社の解体は、丁寧な仕事と仕上がりの美しさが特徴。
信頼・安心を常に心がけ、お客様のご要望をもとに正確なご説明、適切な価格にて施工を承ります。

beautiful

魅せる解体工事。
現場の仕上がりに自信があります。

解体をただ壊すだけの“作業”としてしまうのではなく、建物の最後の姿だからこそ、“現場の仕上がり”にこだわりを持って行っています。

Safety

安心の自社一貫施工。
近隣の方への配慮に自信があります。

全ての工程を自社で一貫して行います。近隣の方への配慮は細心の注意を払い、安全と安心な解体工事を行っています。

Community

地元・杉並に密着。
大小問わず工事承ります。

不二榮は地元・杉並に根差した地域密着型の解体業者です。小さな工事からでも、土地を熟知している職人が経験と技術で丁寧にご対応します。

写真

木造家屋の解体

木造の家屋・建物解体は分別解体が最重要項目です!
ミンチ解体などもってのほか!徹底的な分別作業により、発生廃棄物を抑制し、環境にもやさしいエコで近隣に配慮した解体工事を行います。
手壊し解体が必要となる狭隘地等での解体も大歓迎です。

写真

内装解体

いわゆるスケルトン解体と呼ばれ、基本的には躯体を残して手作業による解体が作業の中心となります。解体された廃棄物を搬出する経路や手段が限定されることが多くなり、場所によってはクレーンが使われたり、手運びのみでの搬出や積込みが行われたりします。
また、電気・水道・ガスなどを含めた設備関係や外観を含め傷つけてはならない(養生を必要とした)場所もあり、しっかりとした作業計画を打ち合わせ、注意深く作業をすることが求められます。

解体工事の流れ

1

お問い合わせ・ご相談お客様

電話・メール・お問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。
※建物の種類・作業環境・近隣状況・搬入出経路などにより見積もりがかわってきますので、弊社では見積作成(もちろん無料です)に当たっては、現地調査が前提となります。

2

現地調査不二榮

建物の大きさ(面積)、敷地内残存物等、現場周辺状況等(1.で記載した事項)、アスベスト含有建材等の有無を確認させていただきます。
※可能であれば、建物内の残存物等の確認もさせていただきます。

3

お見積りお客様不二榮

現地調査後、解体工事費用・施工方法をご説明させていただきます。 その際、お見積書と一緒に、調査結果に基づき作成した現場図面をお持ちいたします。

4

解体工事請負契約お客様不二榮

工事方法・金額等御確認後、承諾いただけましたら工事契約を結んでいただきます。
【契約書内容】
・工事請負契約書
・建設リサイクル法に基づく届出書等(解体工事においては床面積80㎡以上が届出対象)

5

建設リサイクル法における事前届出不二榮

建設リサイクル法に基づく届出書、その他工事において必要な届出等(道路使用許可・道路占有許可・特定建設作業等)を提出します。

6

近隣へのご挨拶不二榮

工事へのご理解をいただく為に周辺住民の方々へ解体工事のお知らせにまいります。可能であればご依頼者様もご挨拶にまわられますと、より対応がしやすくなります(ご相談下さい)。電気・ガスの撤去手続きは、工事着工に合わせてこちらで手配いたします。
電気・ガスの“ご使用の中止”“ご契約の変更”は撤去の手続きとは別となりますのでご契約様からの手続きが必要となります。
■東京電力カスタマーセンター
電話:0120-995-001
受付時間:月~土曜日の9時~20時(休・祝日を除く)
■東京ガスお客様センター
電話:0570-002-211
受付時間:月~土曜日の9時~19時(休・祝日を除く)

7

工事着工不二榮

建物周囲の養生(防災・防音シート)、室内残存物の片付け、ガラス窓、住宅設備等の取り外し、屋根葺き材(瓦等)などの撤去を行った後、建物自体の解体工事に入らせていただきます。

8

分別解体・搬出不二榮

機械使用による建物解体中も、手作業での分別作業を行い、発生廃棄物の抑制に努めます。またその産業廃棄物を中間処理施設等へ搬出いたします。解体工事中の現場のキレイさが自慢です!また、中間処理施設等への搬入時、産業廃棄物管理票(マニフェスト伝票)を添付・交付いたします。

9

現地確認お客様不二榮

解体工事・整地終了をご報告いたしますので、現場確認をお願いいたします。
マニフェスト伝票が揃い次第、その一部写しをお渡しいたします。

10

建物滅失登記お客様

解体工事が終了し現場確認をされたら、その土地の管轄法務局で建物が取り壊された(滅失した)登記(建物滅失登記)を行ってください。また諸事情により施主様が登記に行けない場合、司法書士による代行手続きも承っておりますが、原則施主様自身での登記をお勧めいたしております。

解体工事における資格・許可番号等

・建設業の許可:一般建設業(とび・土工工事業)(解体工事業)東京都知事許可(般-27)第113731号 ・建設機械施工技士2級(2種)・解体工事施工技士
・特定化学物質等作業主任者・車両系建設機械運転技術者 ・足場の組立て等作業主任者・移動式クレーン運転士
・玉掛け技能者・高所作業者運転技術者 ・伐木等の業務に係る特別教育(チェーンソー) ほか

産業廃棄物収集運搬における資格・許可番号等

解体工事後に出される産業廃棄物の収集運搬も一貫して行います。
東京都・埼玉県・神奈川県における許可を取得し、許可品目におけるご対応をさせていただきます。
解体~収集運搬まで、経験豊富なスタッフが行い、弊社の取引先企業まで正確に産業廃棄物収集運搬を行います。

・産業廃棄物収集運搬業の許可:東京都・埼玉県・神奈川県(許可番号共通下6桁077404号)

・許可品目:廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、金属くず、ガラスくず及び陶磁器くず、がれき類、以上7種類 普通~大型自動車免許 他

施工事例